グループについて

分子動力学(MD)計算を用いて、生体物質や高分子材料など分子集団系の物性研究を行なっております。日常的に見られる多くの現象は、分子が集まることで現象を発現しています。これらの現象を理解するためには、分子レベルでの解析が必要となってきます。MD計算は現実系を模倣し、分子レベルからの現象解析に利用できる強力なツールです。我々はシミュレーション手法(MD計算)と「富岳」をはじめとした大規模計算機を用いて、タンパク質、ウィルス、高分子材料などにまつわる現象の解明に日夜取り組んでおります。課題達成のために、手法論の開発やソフトウェアの開発も行いながら進めており、独自性の高い研究を行なっております。ぜひ、興味のある方はグループに参加して、我々とともに挑戦的課題に取り組んでください。

お知らせ

Copyright © 藤本和士
トップへ戻るボタン